ヘッドライン


スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック:(-) | コメント:(-) | [EDIT]

11/1 マンスリートーナメント観戦 決勝戦

2014.11.12(23:52)
11/1に開催された、ラストクロニクルオンラインでのマンスリートーナメントの決勝戦を、
動画にしてニコニコ動画にアップロードしました。





両者ともに、白黒橙のコントロールデッキを使用した、いわゆるミラーマッチとなっています。

決勝戦だけに、両者とも堅実なプレイングをしているので、白黒橙コンを使用する場合は非常に参考になる内容だと思います。




ここで、5弾環境の白黒橙のデッキ分析。

もともと安定して4弾から環境トップになっていたデッキタイプですが、5弾環境になって白黒橙がどう変化したか。

一番大きい点としては、トエトの登場でしょうか。

トエトの「スペルを使用したときにライフ1点回復」能力は、
ヴァイヤの「スペルを使用したときライフ2点失う代わりに1ドローできる」
との組み合わせによって、ライフ1点支払うだけで手札をガンガン補充できるようになりました。

トエトの「相手ターンでもユニットやSSが回復する」能力は、起動するのに大きなコストが必要だったメディアの除去能力を
相手ターンで使用することができるようになり、自ターンでユニット展開、相手ターンでメディア効果起動、という動きが
できるようになりました。



5弾カードを一切採用しないような白黒橙がツアー福岡で優勝しているので、やはり元々安定した強さを持っていますが、
トエト、クロノフォースメイデン等の新カードの参入により、ひとくちに白黒橙といっても様々な構築が出来るようになりました。


トエト・メディアを採用した構築。

トエト・ヴァイヤを採用した構築。

玉藻前等のソウルバーストを多用した構築。

白橙に除去を混ぜたパワーで押し切る構築。


同じ白黒橙でも、採用しているカードや枚数が全然違うこともありますが、白黒橙で必ず採用されているカードもあります。



それが、関羽ですね。




白黒橙のキーカードにして、このデッキの明確な勝ち筋。
白黒橙で相手にライフダメージを与える役割は関羽だけ、と言い切っても良いかと思えるくらい。
(無論、カマキリや髑髏兵も採用レベルに居ますが・・・)

除去スペルやメディア等で相手のクロックを減らし、関羽の攻撃を通して勝つ。これが白黒橙の勝利パターン。
盤面有利の状態になればトエトもメディアも攻撃をしますが、実際、関羽が7回殴って勝つ、ようなデッキばかりです。


これに最も特化したのが、イシュタルや虹色カメレオン、循環する魂、祖霊護りを入れた「関羽リサイクル」を主軸にしたソウルバースト型。
関羽が除去られても次のターンには復活して、オーラ速攻で3点ダメージを刻んでいきます。






そこから橙の要素を薄くして、黒の除去でコントロールさせた形が、その他のメディアトエト型や、ヴァイヤトエト型でしょうか。





メディア・トエトの2つを戦場に用意して、盤面を制圧する。
どちらかが除去られてしまっても、大鴉のソウルバーストでSSを伸ばしながら回収して、再配置。
酒場ビート等の速いデッキが台頭してきたことにより、焼却炉のような墓地メタカードが採用されなくなってきたため、
今この大鴉や縫合再生術はなかなか止められず、キーカードを落としても容易に立て直すことが出来る丸さを持っています。




白黒橙を対戦相手として想定する場合は、関羽への対策、墓地メタ(マルカ以外のものを用意するのは勇気がいりますが)
を考慮する必要がありそうです。

決勝では、その同形白黒橙を意識してメタったような鳥篭やマルカ、スーズ等を採用した構築にもなっています。
レシピは公式サイトから見ることができますので、動画と一緒に見て、その動きを確かめてみてください。



スポンサーサイト
観戦動画 | トラックバック:(-) | コメント:(0) | [EDIT]

11/1 マンスリートーナメント観戦 4回戦

2014.11.12(01:26)
11/1に開催された、ラストクロニクルオンラインでのマンスリートーナメントの4回戦を、
動画にしてニコニコ動画にアップロードしました。







上側のプレイヤーが白黒橙のコントロール、
下側のプレイヤーが青黒のロジカが入ったコントロールというデッキタイプになっています。

一進一退、逆転劇の押収で見応えある内容になっていますが、時間が長くて1枠内で収まりきらなかったため、
前後編に分けています。





今回は動画内の盤面ピックアップではなく、デッキタイプ分析にしようと思います。

青黒ロジカコントロール。

デッキによっては、ここに白や紫を入れた3色になるものもありますが、
やはりロジカコントロールのベースは青黒、と言っていいかと思います。


このデッキが得意とするデッキ:白黒橙、5色
このデッキが苦手とするデッキ:速攻系、青紫
 (※個人的な所感です)


キーカードとなるのは
神威の抹消者 ダロス、シャドウスイーパー、理法の元首 ロギナス、海理の闘将 アマツミ








序盤~終盤まで、除去耐性が圧倒的に高いアマツミが積極的にライフを削っていきます。
対象を取る除去カードがまったくといって当たらなくなるのでアマツミは対コントロールに対して威力を発揮します。

相手の攻撃から守ったり、自分の攻撃を強引に通すときは、シャドウスイーパーが凶悪な動きをします。
時代ヤードを表にするだけ、というほぼノーコストで相手のユニットをワイプして行動不能にさせます。
この「ノーコストで時代ヤードを表にする」という所もロジカコントロールで重要な役割を果たします。

それが、神威の抹消者 ダロスの効果起動を発動させるための鍵としての役割ですね。

ダロスは準備カウンターが5個乗った状態で戦場に出てきます。
時代マーカーを1枚表にすることがあると、カウンターは1個減り、カウンターが全部なくなるとロジカ以外のユニットが
すべて破壊されるという強力極まりない能力が発動します。

ただし、時代は最大で4までしか上がらないため、普通にやったのでは準備が外れません。
そのため、ダロスのもうひとつの効果、「登場時に時代マーカーのカードをすべて裏返す」を使う必要があります。

この「登場時に時代マーカーのカードをすべて裏返す」の効果にスタックして、シャドウスイーパーやアマツミの効果を使って、以下のように動けば、ダロスの準備カウンター5個分をすべて取り除き、全体除去効果を起動することができます。

※時代4の場合
 時代マーカーを表にする→準備カウンターが1個はずれる(残り4)→時代マーカーがすべて裏返しになる
  →また時代マーカーを表にする能力を使う(これを4回繰り返せば準備カウンターが全部外れる)

シャドウスイーパーだと、ノーコストで時代マーカーを瞬時に、好きなだけ表にすることができるので
ダロスの効果を即使いたいときにも便利なカードになります。
当然、ワイプ効果も強いのでそのままゲームを決める動きにもなります。

このデッキの主な勝ち筋としては、終盤までアマツミ・スイーパー・ダロス他のユニットでビートをしていき、
最後に理法の元首 ロギナスの効果で、捨て札置き場に言ってしまったダロス・スイーパー・その他のロジカを盤面に
復活させ、ダロスの全体除去を起動して、フルパンチ、ということになるかと思います。

クロックが低い白黒橙や、ユニットがあまり並ばない5色デッキにも対等に戦える性能になっているため、人気が高いです。
反面、酒場ビートのような、序盤から一気に畳み掛ける速攻系のウィニータイプのデッキには押し負ける場合が多く、
苦手としていると思います。
 ※もちろん、デッキ構築によりますが。

ロジカが相手だと分かった瞬間から、ロギナス奥義が発動するまで「因果断ちの一閃」を手札にずーっとキープされたりもするので、
廃都の生き残り、等で相手の手札から叩き落した上でロギナス配置、発展まで持っていければコントロール相手はバッチリでしょう。


観戦動画 | トラックバック:(-) | コメント:(0) | [EDIT]

11/1 マンスリートーナメント観戦 3回戦

2014.11.09(21:45)
11/1に開催された、ラストクロニクルオンラインでのマンスリートーナメントの3回戦を、
動画にしてニコニコ動画にアップロードしました。





上側のプレイヤーが紫単色のビート、
下側のプレイヤーが青白黒のロジカが入ったコントロールというデッキタイプになっています。





紫単の方が序盤からテンポよくユニット・ヒストリーを配置していき、
下側のプレイヤーはハンニバルCBを受けたこともあり、ユニットはトエトのみ。


ここで下側のプレイヤーは何もアクションを起こさず、SSを全部残した状態でターンを終了しました。

上側のプレイヤーはすかさず飛雷宮の衛士を場に出して一斉攻撃の体勢に入ります。






ここでのコンバットの難しいところは、相手がSSを全部残した状態にしていること。

何をケアするかによって、攻撃の仕方が変わってきます。

白と黒2つを残した4コスト分のSS。

考えられるところでは、「白輝の鼓舞」のような自ユニットパワーアップ系スペルか、
「呪殺」のような相手ユニットを除去するスペル


1、まず飛雷宮の衛士だけ攻撃した場合
  相手が白輝の鼓舞を持っていた場合、トエトのパワーは4500にまで上昇し、飛雷宮の衛士は破壊されます。
  飛雷宮の衛士は攻撃の要であるだけに、ここで破壊されると後々苦しくなりそう。

2、まず2体の小隊攻撃をしてみてはどうだろうか
  例えば、ゼフィロン翔空隊と意思を持った雷光の2体での小隊攻撃。
  これならパワー2000と2500の、合計4500の小隊攻撃となるため、
  白輝の鼓舞を使われても2:2交換で悪くないかもしれません。
  しかし、呪殺のような除去カードを相手が持っていた場合、パワー2500の雷光の方を除去され、
  パワー2000のゼフィロン翔空隊と、パワー2500のトエトとの戦闘になり、ゼフィロン翔空隊は一方的に破壊され
  結果、除去1枚でユニット2枚を失う1:2交換をさせられてしまう危険があります。

  ※訂正。ゼフィロン翔空隊が小隊攻撃をした場合、1000ダメージをトエトに与えることができるので、
   除去カードを使われてトエトでブロックされても、2:2交換となります。

3、それならば3体での小隊攻撃
  飛雷宮の衛士を含む3体での小隊であれば、白輝の鼓舞がきても、除去がきても、
  あるいは両方きてもトエトを倒すことはできそうです。
  向こうもこの局面でトエトを失いたくないだろうから、攻撃が通る可能性が高いです。
  難点があるとすれば、3体での小隊攻撃なのでこのターンに与えられるダメージが少ないということくらいでしょうか。


結果、ここでは実際には3の選択肢の「3体による小隊攻撃」を行っています。





これは、人によってプレイングが変わるところだと思います。

盤面有利を保持して堅実に行きたければ3体小隊攻撃、
リスクを背負ってでもガンガン攻撃したい場合は飛雷宮の衛士の攻撃から、ユニット2体の小隊攻撃をする人もいるかもしれません。
その場合は、最大でこのターン7点のライフダメージを与えることもできるかもしれません。(相手が何もしなければ、ですが)


相手に多くの読みを強要できるので、見えない手札とSSが全部起きている状態は極端な話、ブラフのときにも使うことができたりします。
不要カードをSSにして手札を空にするより、手札を残した方が有効な局面というのもあるかと思います。


下側のプレイヤーは防御もできず攻撃を通し、ライフをガンガンと削られていきますが、




癒しの光を使用したり、トエトの時代3以降の能力を利用して、捨て札置き場にある「迅速な調達」を
手札の「迅速な調達」で回収するというループコンボを使用、トエトのもうひとつの効果によるライフ回復を発動して粘ります。




試合の結果は、動画にてご確認ください。

観戦動画 | トラックバック:(-) | コメント:(2) | [EDIT]

11/1 マンスリートーナメント観戦 2回戦

2014.11.08(20:23)
11/1に開催された、ラストクロニクルオンラインでのマンスリートーナメントの2回戦を、
動画にしてニコニコ動画にアップロードしました。




上側のプレイヤーが青白黒のロジカが入ったコントロール、
下側のプレイヤーが黒紫の、ライフバーンが多めに詰まれた速攻寄りのデッキタイプになっています。


先行1ターン目の途中から録画スタートしていますが、
1ターン目は下側のプレイヤーが先行、ブラッドトレーダーを出して、5点のライフ支払いとともに
捨て札置き場に移動したところからとなっています。




141107_5.png



ブラッドトレーダーは、今でも先行1ターン目に出てくると驚異的ですね。
ライフ回復を許さず、堅実にライフを削るライフバーン型では理想的な立ち上がり方となっています。





ハイライトとしては、試合終了間際のライフの削りの場面の押収もあるんですが、
開始7分頃のコンバットをクローズアップしてみます。


時代2中盤、上側のプレイヤーはトエトのみですが、SSが全部起きた状態です。
それに対し、下側のプレイヤーは2枚目のロジカニアシューターを出して速攻を付与、2体での小隊攻撃に出ます。
それに対応して、トエトで防御。
このままでは小隊攻撃のどちらかのシューターとトエトの1:1交換になりますが・・・。


141107_6.jpg



上側のプレイヤーは白輝の鼓舞を使用。これにより、トエトのパワーが+2000され、4500に。
小隊攻撃側のパワーの合計は4000なので、トエトは死なず、小隊攻撃してきた2体とも倒すことができるようになりました。

141107_7.jpg





しかし攻撃側も手は残してありました。
トエトへの白輝の鼓舞適用前に、女帝の呪雷をトエトに対して使用します。



141107_9.png


時代3であればトエトに3000ダメージを与えることができ、かつ白輝の鼓舞も無駄撃ちさせる1:2交換ができたのですが
残念ながら、このときはまだ時代2だったため、トエトに2000点ダメージ、ライフに1点ダメージを与えるのみ。



141107_8.jpg

結果、パワー2500のトエトに女帝の呪雷による2000ダメージを与えた後、白輝の鼓舞効果が適用されてパワー+2000、パワー4500状態(ダメージは2000くらっている状態)でダメージ計算に突入。

攻撃側のロジカニアシューター2体、防御側のトエトが双方全滅。

攻撃側はカード3枚、防御側はカード2枚失う形になり、攻撃側が損をする形で終了しました。
(※女帝の呪雷の効果で防御側はライフ1点を削られましたが)


観戦動画 | トラックバック:(-) | コメント:(0) | [EDIT]

11/1 マンスリートーナメント観戦 1回戦

2014.11.08(00:00)
11/1に開催された、ラストクロニクルオンラインでのマンスリートーナメントの試合を、
観戦モードにて動画にしましたので掲載します。





上側のプレイヤーが青白黒のコントロール、
下側のプレイヤーが白黒のコントロールになっています。

青白黒コン側が序盤からメディアやアマツミを配置して優位に進めていますが
白黒コン側も時代3になる辺りから、ニルシーのソウルチェンジや黒の宝樹で除去しつつ、反撃をしています。



開始10分頃の状況。


下側のプレイヤーのターン。
時代2で、盤面は狭間を歩む御使いが2体並んでるだけ、という苦しそうな盤面の状態で、
さらにクロノチェックでCA3がめくれずCA6になってしまい、発展できない状態でしたが、
ここでニルシーのソウルチェンジ発動。

141107_4.png


ニルシー効果で相手のユニット1体と、ニルシー自身を選択。
2体をCAヤードに送ります。これにより、CAが7となり発展が可能に。


141107_1.jpg

すぐさまニルシーを手札に選択して時代発展。
狭間を歩む御使いで攻撃した後

141107_2.jpg

再度ニルシーのソウルチェンジを発動して相手のユニット2体を除去にかかる。
(アマツミは時代ヤードのカードをめくり、除去を回避しましたが)

141107_3.jpg

この後は、お互い除去しながらの殴り合いになります。

コントロール同士の対決となったので試合時間は長めになっていますが、
お互い堅実なプレイを続けている、見応えのある試合になっています。


観戦動画 | トラックバック:(-) | コメント:(0) | [EDIT]
| ホームへ |
プロフィール

宇宙刑事の人

Author:宇宙刑事の人
 
ラストクロニクルプレイヤー。
ラスクロはオフライン/オンライン両方で遊んでいます。
ブログの相互リンク募集中です。

最新記事
最新コメント
検索フォーム





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。